ロボアドバイザーとは一体何なのでしょうか?

ロボアドバイザーとは、資産運用のアドバイスや補助をしてくれるサービスのことで、通称ロボアドと呼ばれています。
ロボアドバイザーを利用することで、自分にピッタリの投資信託診断や、運用プランの提案、自動の資産運用などができるのです。
ですから、投資に興味はあるけれど自分でやるのは不安という方や、どのような商品で資産運用すればよいか分からないといった方の強い味方になってくれます。

そんなロボアドバイザーの機能のひとつは、自分の投資スタンス・運用方針に合わせた投資プランの診断・運用シミュレーションというのがあるのです。
投資に関する質問に答えることにより、自分の運用スタイルの診断や運用スタイルに合わせた投信の提案などが、無料で診断することができます。
もうひとつの機能は資産運用のおまかせで、診断結果に沿った資産運用をロボアドバイザーが自動で行ってくれるのです。

ロボアドバイザーとは何なのかが理解できたうえで、どのようなメリットとデメリットがあるのかも知っておくと役立ちます。
従来は資産運用をする場合には、数百万円〜数千万円の資金を持って、大手証券会社にコンサルティング費用を支払う必要があったのです。
しかし、先にも触れたように投資関連の質問に答えることにより、適切な投資信託の提案や運用プランの提案を、ロボアドバイザーがしてくれるようになって、投資のアドバイスを手軽に受けられるようになりました。
このように投資が身近な存在になったことが、ロボアドバイザーの最大のメリットです。

一方デメリットは、運用をおまかせすることから投資一任報酬費用が年1%程度かかってしまうという点があります。
提供されるサービス内容を考えると運用をおまかせする費用が年1%程度というのはデメリットとは言えないのですが、資産運用にかかるコストを抑えたいという方にはデメリットになるのです。

ではロボアドバイザーを利用する際の選び方のポイントは何かというと、ロボアドバイザーのどのような機能を利用したいのかということです。
例えば、自分に合った投資信託の提案を受けたい、運用シミュレーションをしたい、運用までお任せしたいなどがあります。
提供する会社によってロボアドバイザーの機能には違いがあるので、自分が何をしたいのかを考慮して選ぶことが大事です。

また各ロボアドバイザーの運用状況をチェックすることも必要で、運用状況を公開しているのでしっかりと確認して比較すると良いでしょう。
それから使い勝手を比較することも大切なことです。