theo(テオ)では様々な方法でリスクを分散している

リスクへの不安が資産運用をしていない理由の一位で、投資の知識がないことに対する不安が次に続いています。
日々の仕事お生活で忙しく時間が取れなかったり、投資という未経験の分野に対する不安があったりするというのも大きい理由です。
こうした様々なリスクや不安を少しでも払拭するために開発されたのがロボアドバイザーで、利用者に適したプランを提案して自動運用をしてくれるというサービスです。

このロボアドバイザーのひとつにtheo(テオ)というのがあって、利用して長期的な目線で投資を行うことにより元本割れリスクなどを軽減することができます。
ただし、theo(テオ)に限らず投資には損益が出るといったリスクはあることで、theo(テオ)を利用してもリスクがゼロにはならないのです。

リスクが高い投資というのは、価格変動のばらつきが大きい株式などだけを数種類選んで保有するようなことを言います。
ただ高い収益を獲得したいからといって闇雲にリスクをとる必要はないことで、適切なリスク分散を実施することで高い期待収益率を保った状態でリスクを大幅に下げることができるのです。
theo(テオ)では世界中の様々な地域の株式・債券・現物資産などをバランスよく分散する徹底した分散投資でリスクを低減します。
このように日本のみならず投資先を世界の成長資産に分散させることによって、リスクを分散しつつ収益の安定化を狙えるというものなのです。

ではtheo(テオ)は、どのような方法でリスクを分散しているのかというと、地理的分散・アセットクラスの分散・長期運用による時間的な分散の3つです。
theo(テオ)のポートフォリオは約40種類のETFから構成されていて、さらに投資先資産のバリエーションは世界86ヶ国・地域にわたって、最終的な投資対象は11,000銘柄以上の豊富さを誇ります。
このように同一地域の資産ではなくて地理的な分散を行うことがリスク分散につながるのです。
値動きやリスク特性の点により性質が似通った資産をグループにまとめて区分するアセットクラスが9つあって、それぞれにバランスよく分散投資を行ってリスクの低減を図っています。

資産の値動きには長期的な価格変動と短期的な価格変動があります。
一日一日の値動きが常に起きているので、短期的な価格変動を避けることは不可能に近いですが、長い目で見ると値上がりする資産なら、長期に渡って保有すると短期的な価格変動のリスクを無視できるのです。
つまり、長期に渡って保有し続ける長期運用による時間的な分散をすることで、リターンに対する相対的なリスクを低減できます。