theo(テオ)のメリットといえる特徴は?

theo(テオ)は、成長や安定のバランス配分といった資産運用方針を、投資家の年齢などに応じてAI(人工知能)が自動で設定してくれます。
また積立は1万円から始めることができて、それ以後は1000円ずつ金額を設定することができますし、積立の中止や再開もwebから簡単に設定することができるのです。

それからサービスを利用する際にかかる手数料は投資一任報酬のみで、預かり資産額が3000万円以下の部分に関しては預かり資産額の1.0%、3000万円を超えた分については預かり資産額の0.5%となっています。
この手数料には、ETF売買手数料・出金手数料・為替手数料も含まれていいますし、不必要な取引を行って不要にコストがかかるようなことは一切ないので安心です。
このように、煩わしい手続きが必要なくて1万円から投資が可能で、しかもコストが比較的安いというのは大きなメリットと言えます。

theo(テオ)では、ポートフォリオを見直して値動きにより崩れたバランスを元の配分割合に戻すように調整するリバランスを1ヶ月ごとの頻度で実施しています。
グロース・インカム・インフレヘッジの3つの機能で、成長重視・配当重視・インフレに強いかということを判断して、ポートフォリオの配分比率や資産運用方針を決定しているのです。

またETFから生まれた配当について自動的に再投資して運用資産に組み入れられる仕組みがあって、そうすることにより福利効果を狙うことができます。
どういうことかというと、100万円を3%投資すると1年目で3万円の配当があって、これを再投資しないと毎年3万円が払い出されることになるのです。
しかし再投資すると1年で103万円、2年目には103万円の3%で106万900円、3年目では109万2727円と毎年払い出しするよりも多い配当がついて行きます。
しかも投資家の資産運用状況を把握しているので、配当金が発生した場合に代わって適切な配分で再投資をしてくれるのです。
それから無料で365日24時間いつでも出金を申し込めるというのは、非常に便利で嬉しいサービスで、こうした特徴も大きなメリットと言えます。

theo(テオ)には、このようにメリットといえる特徴がたくさんあることから、20代・30代を中心に多くの方が利用しています。
また利用している人のうちで投資経験がある程度あるという人は約42%で、投資経験の少ない人が投資を始めるきっかけとして利用しているのです。
それから顧客満足度が約83%と高い満足度を得ていることからも、theo(テオ)にはメリットが多いことが分かります。