theo(テオ)を利用した資産運用がおすすめの人は?

近年ロボアドバイザーを提供している会社が増えていて、その影響もあってロボアドバイザーによる資産運用を検討している方やはじめる人が増加傾向にあります。
ほとんどのロボアドバイザーは、いくつかの簡単な質問に答えることにより、利用者におすすめの資産運用方針を診断結果として提示すると共に、それに基づいた資産運用が行える投資信託を紹介するものです。

中でも特に注目度の高い業者がWealthNavi(ウェルスナビ)とtheo(テオ)で、いずれもロボアドバイザーがポートフォリオの提案・構築・売買による最適化を全部自動で行なってくれます。
つまり、資産運用を完全おまかせ型ですることができるサービスです。
いくつかのロボアドバイザーがあるので、現時点でどれが優れているかの判断が難しいところですが、いろいろと比較してみると様々なことが分かってきます。
できる限り情報を集めて比較すると、自分にぴったりのロボアドバイザーを見つけることができるのです。

ロボアドバイザーのtheo(テオ)は、資産運用を最低金額1万円からスタートできるといった敷居の低さがあります。
また利用している人の約半数は、始める前は資産運用経験がほとんどない方という情報もあって、経験者はもちろんのことはじめて資産運用をする人も、theo(テオ)ではターゲットにしているのです。
ですから、運用できる資産がある程度限られている人や、資産運用が未経験の方にとってtheo(テオ)は魅力ですからおすすめといえるのです。

それからtheo(テオ)はしっかりと分散してマイナーなETF投資をしていて、ポートフォリオの中身が他とは違います。
theo(テオ)は保有銘柄数が圧倒的に多くて分散投資に積極的で、選択しているETFの中身もマイナーなものが多くて、きめ細かくポートフォリオの設計が可能というイメージがあるのです。
一概にポートフォリオの中身はどれが良いとは言えないですが、theo(テオ)のポートフォリオには魅力があるといえます。

theo(テオ)にはAI(人工知能)を用いた機能が搭載されていて、世界中の膨大な情報やデータを基にして、AIが保有銘柄の将来の株価下落を予測するのです。
その為、近い将来下落が予想されると判断した銘柄に関しては、事前に保有比率を引き下げるなど保守的なポートフォリオに組み替えることで、下落が発生した時のダメージを軽減してくれます。
これらの機能に魅力を感じる方や少ない金額から資産運用を体験したい方にはtheo(テオ)がおすすめと言えます。