ロボアドバイザーのtheo(テオ)の長所とは?

どのような長所があるのかを確認することは、どのロボアドバイザーを選ぶのかを検討すること際に必要なことです。
ロボアドバイザーのtheo(テオ)には、どのような長所があるのかというと、何と言っても「THEOにおまかせ」モードを利用することで投資を全て自動化できることでしょう。
いざ投資を始めたいと考えても、何をどのようにするのか迷ってしまいますが、投資における難しいプロセスを全自動で行ってくれるとなれば投資初心者でも安心です。

具体的には、資産運用方針を自動的に決めてくれる、自動で銘柄を買い付けてくれる、自動でポートフォリオのズレを直してくれる、自動でより良い銘柄に買い直してくれるといった4つのプロセスを行なってくれます。
2つ目のtheo(テオ)の長所は、ロボアドバイザー業界で最低水準となる1万円から投資を行うことができることで、少額からスタートできることによって、投資初心者でも安心して投資ができるのです。

長所の3つ目は、6000種類以上という豊富な品揃えの海外ETFから、最適な組み合わせを自動で選択して世界に分散投資ができるという点で、これにより着実な資産形成を行うことができます。
ちなみに、なぜ海外ETFで世界の分散投資を実施するのかというと、日本経済の年間成長率は約1%、世界経済の年間成長率は約3%と、日本経済よりも世界経済が成長率が高いからです。
つまり、世界経済に分散投資をした方が日本のみで投資するよりも資産を増やせる可能性が高いと言えるのです。

4つ目の長所は、毎月の積立金額を設定することで自動的に金額分の海外ETFを買い付けて、コツコツと積立てくれるTHEO積立というサービスを行っていることです。
このような積立投資を行うことで相場状況に一喜一憂することなく、リスクを抑えた資産形成が可能となって長期投資の心強い味方になってくれます。

theo(テオ)の5つ目の長所は、AI(機械学習)が資産下落を抑制できる数少ないロボアドバイザーということで、他にはないtheo(テオ)のみの長所と言えます。
theo(テオ)のAIアシスト機能は、世界中の膨大なデータを分析して、ある特定銘柄が大幅に下落するリスクがあると判断したら、下落幅を抑制するためにポートフォリオを組み替えてくれるのです。
このようにユーザーの動きから値動きを予想することができるのは、使用する大きなメリットになります。
最も知っておいてほしいtheo(テオ)の長所は、様々なスタッフの気遣いで、それがあるからこそ安心できるのです。