ロボアドバイザーのtheo(テオ)とはどんなサービスなのか?

▼ 目次

theo(テオ)とは何なのか?

2016年2月より株式会社お金のデザインが提供するロボアドバイザーがtheo(テオ)で、プロと同様の資産運用をtheo(テオ)を通じて行うことができます。
このようにtheo(テオ)とは資産を増やすためのサービスですが、意外にも利用者の多くが20代〜30代と若い世代というのが特徴的です。

また気軽に資産運用が投資経験の浅い方でもできるところが人気の理由になっていて、それはtheo(テオ)の特徴やメリットからも分かります。
theo(テオ)は、5つの質問にユーザが答えて口座開設を申し込むだけと、とても簡単に利用できるので投資経験が浅い人もやさしくハードルも低いです。

またtheo(テオ)の手数料は投資一任報酬のみとなっていて、預けている資産額に対してかかってくるだけでとてもシンプルです。
ちなみに、手数料は3000万円までの資産に対しては1.0%で、3000万円以上については0.5%といった設定になっています。
一般的には、ETFの売買手数料・口座への出金手数料・為替手数料などが徴収されるケースもあるので、その点を考えても利用者の負担の少ない仕組みになっていると言えるのです。

それから従来は最低投資額が10万円を定められていたのですが、2017年より1万円に最低投資額が引き下げられて、一般利用者の希望投資開始金額5万円以下が約70%になっています。
またtheo(テオ)は、月々の決まった日に決まった金額を自動的に入金できるサービス積立投資に対応していて、その積立投資額も1万円からとなっているのです。
もちろんボーナスの月は積立額を増やすなどの変更も可能で、これまで貯金に回していたお金を投資に回すこともできます。
このようにtheo(テオ)とは、手軽に投資を始められて続けられる工夫がされているロボアドバイザーなのです。

theo(テオ)とは世界中に分散して投資?

theo(テオ)の大きな特徴とは、世界中に分散して投資が可能ということで、世界中様々な地域のそれぞれ違った種類の資産に投資することができます。
自動で組むポートフォリオは40のETFから構成されていて、これを分解すると世界86ヶ国と地域になつて、最終的な投資対象銘柄は11,000以上と豊富です。
これを個人で行うとなればかなり大変ですが自動で投資できるので手軽ですし、分散投資することでリスクの分散と収益の安定化を狙えるという特徴があります。

theo(テオ)では、5年・10年単位の長い目で見た国際分散投資を提案していて、その背景には世界経済は短期的・局地的には停滞するリスクはあるけど、長期的・世界的に見ると成長を続けるという考えがあるのです。
実際に、日本経済が停滞していると言われる状況であっても、アメリカ経済やオーストラリア経済は好調が続いていますし、インドなどの新興諸国は急成長を遂げています。
ですから、世界中の様々な資産に分散投資をして、どこかで誕生する成長エンジンとつながる仕組みを作ることが重要になるのです。

それから、資産運用において成長・安定のバランス配分といった資産運用方針の設定はとても重要となります。
この重要な資産運用方針の設定を、theo(テオ)が自動で設定する「おまかせ」できるモードを搭載しているのです。
もちろんおまかせすることなく自身で資産運用方針を設定することもできるのですが、利用者自身によるリスク判断が伴うので、投資経験が豊富でない人についてはおまかせがおすすめです。

theo(テオ)のポートフォリオのメンテナンス自動化とは?

ポートフォリオの構築と共に中長期にわたる資産運用をする場合には、ポートフォリオのメンテナンスも運用成果を向上させる重要な要素と言われています。
theo(テオ)は、アルゴリズムで自動化されたポートフォリオのメンテナンス機能も提供していて、そのメンテナンスの自動化にはメリットがあるのです。

メンテナンスの自動化のメリットとは、より効果的に資産を運用するために資産運用のエキスパートが継続的に運用エンジンの改善に取り組んでいます。
それにより、いつでも最新の運用手法で資産を効果的に運用することができるのです。

2つ目のメリットは、人間の行動特性に起因するエラーをできる限り排除することができて、心理的な負担なく常に合理的な選択肢をとることができます。
感情に従った行動したことによって運用成果を低下させてしまうことは少なくないもので、いつでも冷静に合理的な選択肢を実行できるとは限りません。
それは豊富な経験をもって資産運用のベストプラクティスを知っていたとしても言えることです。

3つ目のメリットはメンテナンスの手間がかからないということで、効果的な資産運用手法を知っていて、常にそれを実践できる鋼の精神力を持っても、ポートフォリオのメンテナンスには手間がかかるものです。
theo(テオ)に任せることで煩わしいメンテナンスをする必要がなくなります。