プロデューサーが語る「うるまもずくチャンプルー丼」

「沖縄県のご当地グルメ」と言えば、「沖縄そば」「ゴーヤチャンプルー」「豆腐チャンプルー」などが思い浮かびますが、「沖縄県○○市のご当地グルメ」と言うと?
ぼくは、ここにビジネスチャンスがあると確信しました。つまり、今、沖縄県に必要なのは沖縄県オールご当地グルメではなく市町村単位のご当地グルメだと。
2011年9月那覇で講演した時、ぼくの話に興味を持ってくれたのがうるま市役所商工観光課のスタッフでした。うるま市は「もずくの生産日本一のまち」だったので、シンプルに「もずく」をテーマにした「チャンプルー丼」を開発しようと提案しました。
この提案に料理人の方々が賛同してくれて、「もずくしゃぶしゃぶ」「もずく入りウエルカムドリンク」などのアイデアが次々に出てきたのです。
うるま市の取り組みに影響されて、たくさんの市町村で新・ご当地グルメが誕生していけば、沖縄の「食シーン」はもっと面白くなると思います。

(談)

ヒロ中田 じゃらんリサーチセンター 空飛ぶご当地グルメプロデューサー